札幌南青洲

笑顔溢れる毎日を応援したい。

ムダ毛を薄くする女性ホルモンを増やす方法とは?

人によって体毛の多さや濃さは様々ですが、これにはホルモンが関係しています。 体毛が少なく薄い人は女性ホルモンが多いと言われています。 ですので、もしあなたがムダ毛で悩んでいるなら、女性ホルモンを減らす要因を排除し、女性ホルモンを増やす方法を知っておくと良いですね。 健康的な方法で女性ホルモンを増やしていけばムダ毛の悩みは解消し、それに加え髪にツヤが出たり、女性らしい体作りに効果的なんです。

そもそも女性ホルモンって何?

でも女性ホルモンって何?と聞かれても、きちんと答える事ができる人はほどんどいませんよね。 ですので、まず、ムダ毛を減らしたり薄くする役割を担う女性ホルモンとは何なのかをお話ししたいと思います。 私たちの体内では100種類以上のホルモンが生成されています。ホルモンとは簡単に説明すると情報伝達物質です。 一生のうちに分泌されるホルモンの量はティースプーン1杯ほどだと言われている事から、微量であっても私たちに大きな影響を及ぼす物質だと言えますね。 そんなホルモンの中で、排卵を促して妊娠できるようにしたり、出産できるようにしたり、女性らしい体を作り、お肌や髪にツヤと潤いを与える作用があるホルモンを総称して「女性ホルモン」と呼びます。 女性ホルモンは主に卵巣と副腎(腎臓の上に帽子のようにちょこんと乗っている臓器)で作られています。 でも、卵巣や副腎が自ら勝手に判断して女性ホルモンを作り出しているのではありません。 「女性ホルモンを作れ」と命令を出しているのは、脳の視床下部という部分で、この視床下部が視床下部のすぐ下にある下垂体(分泌器官)に指令を出し、「性腺刺激ホルモン(黄体体化ホルモン・卵胞刺激ホルモン)」を分泌します。 このホルモンが持つ情報が卵巣に届き、エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンが生成されるのです。 このような幾つかの段階を経て、女性ホルモンが分泌されるわけです。

ムダ毛を減らし薄くする女性ホルモンを分泌しやすくするコツとは?

前項で女性ホルモンの分泌は脳の視床下部が命令を出している事をお話ししましたが、もしこの視床下部が何らかの原因できちんと動作しないと女性ホルモンが正常に分泌されないという事になるわけです。 視床下部に悪い影響を与えるもっとも大きな要因となるのはストレスです。 ストレスを感じると脳の視床下部は「副腎皮質刺激ホルモン放出因子」を分泌し、これが下垂体に渡されます。 そうすると下垂体が刺激を受け、「副腎皮質刺激ホルモン」を分泌します。 この副腎皮質刺激ホルモンは血中に取り込まれ、女性ホルモンが生成される副腎に届きます。 副腎はこの情報を受け取るとストレスホルモンを生成するようになります。 これは一例ですが、例えばこのように、ストレスを受けるとそれに対応する為に別のホルモンが生成されるたりして、本来、女性ホルモンを生成する働きをする副腎がストレスホルモンの生成にかかりっきりになってしまうわけです。 これがストレスを受けると、女性ホルモンの分泌が減少するメカニズムなのですよね。 ですので、日頃から女性ホルモンを減少させる1番の要因「ストレス」を無くしていく事が結果的にムダ毛を減らしたり薄くしたりする事に繋がるのです。