札幌南青洲

笑顔溢れる毎日を応援したい。

医療脱毛しないで済む?ムダ毛を減らす方法とは?

近年、女性の男性化がすすんできていると話題になったりしていますよね。 例えば男性のように口ヒゲがちょっと生えてきたり、体毛が濃くなったり。 多くの場合、男性化=ムダ毛をイメージします。女性にとってムダ毛の量が増えたり濃くなったりするのは絶対に避けたい事ではないでしょうか?

なぜムダ毛が増えたり濃くなったりするのか?

ムダ毛が生える根本的は原因はズバリ「男性ホルモン」です。男性の場合、睾丸と副腎で作れらます。 しかし女性だからと言って男性ホルモンが全くないわけではありません。 男性の5~10%くらいにとどまると言われていますが、女性も自身の体内で男性ホルモンを生成するのです。 エストロゲンに代表される男性ホルモンは、体付きを筋肉質にしたり、物事を立体的に考える思考を助けたり、ストレスに対処したりするのですが、このような作用と同時に体のムダ毛も増やします。 ですので、ムダ毛が増えたり濃くなったりするのは、何らかの原因で男性ホルモンが多く分泌されるようになってしまったから、つまりホルモンバランスの乱れが根本にあると言えるのです。

ムダ毛を減らしたり薄くしたりするには?

前項で、ムダ毛の根本的な原因は男性ホルモンが関係している事をお話ししましたが、逆に考えれば、男性ホルモンを減らす事ができれば、ムダ毛を減らせるという事なのですよね。 ですので、日常生活の中で男性ホルモンが増えてしまう要因を排除していけば良いと言う事になります。 多くの場合、ストレスによって男性ホルモンが増えてしまうと言われています。 私たちの体は強いストレスを感じると「コチゾール」と呼ばれるホルモンを分泌します。 ストレスに対抗する為に脳はブドウ糖を必要とするので、コチゾールは筋肉を分解してブドウ糖を作り出し、ストレスを感知している脳の栄養分を確保しようとします。 一方で、このような作用と同時にコチゾールは男性ホルモンを刺激してしまいます。 ですので、ストレスは男性ホルモンを増加させるわけです。 その結果として、ムダ毛が増えたり、濃くなったりしてしまうという事なんです。 だからまず、ムダ毛対策とはストレス対策でもあるのですよね。

抑毛ローションや抑毛石鹸を活用する

ムダ毛対策にはストレスを排除する事が大事です。これはいわば“内部対策”となります。 それと平行して“外部対策”もすすめると良いです。 近年、ドラッグストアなどで簡単に抑毛剤とか抑毛ローションとか販売されています。 これらは毛根に働きかけ、毛の成長を抑制したり邪魔したりする成分が入っているのですよね。 ですので、ムダ毛を減らしたり薄くするポイントは内部対策と外部対策を同時進行する事です。