札幌南青洲

笑顔溢れる毎日を応援したい。

粉ふき肌の原因と正しいスキンケア方法

冬になると、肌の乾燥を感じる事が多くなります。 寒波がやってくると、気温も下がり空気も乾燥します。 さらに室内でもエアコンなどによってさらに乾燥した環境の中で過ごすことになります。 特に冬は、寒さによって血行が悪くなります。 そのため、体の隅々にまで栄養や酸素が行きわたらず保湿機能が弱くなってしまいます。

気になる粉ふき肌

保湿機能が弱まり肌の乾燥を感じる中で、見た目のも気になるのが「粉ふき肌」です。 「粉ふき肌」とは、肌が乾燥して白っぽい粉をふいた状態のことです。 見た目にも目立ちますし、ファンデーションののりも悪くなり隠すことが難しいので悩んでいる方も多いでしょう。 では、この白い粉は何でしょう。 これは、粉になった角質層です。 古い角質は自然にはがれてターンオーバーしていきます。 ですが、まだ新しい角質がはがれてしまったものが粉ふき肌になります。

なぜ粉ふき肌になるのか

粉ふき肌は、かなり潤いが不足している状態です。 原因の一つはやはり、冬の気温低下で血行不良になることです。 血行不良で、細胞に栄養が行き届かず正常に肌細胞が機能できなくなり保湿機能を失い肌は乾燥してきます。 洗顔も、間違った洗い方をしていると傷つけてしまいます。 汚れをきれいに落とそうと、ゴシゴシこすってしまうと肌の角質層を傷つけバリアを壊してしまいます。 さらに、皮脂まで落としすぎてしまうと潤いが保てず肌は乾燥してしまいます。

どのような対策が良いのか

粉ふき肌になってしまう原因にあげた洗顔は、洗顔料にも気を付けてください。 メイクを落とすためにオイル系を使っている方も多いでしょう。 ですが、オイル系は洗浄力が強い分メイクだけではなく角質層の潤い成分まで取ってしまいます。 特に乾燥しやすい時期は、クリーム系のクレンジング剤をおすすめします。 ゴシゴシこすることなく優しく洗いましょう。 洗顔後は、乾燥しやすいので素早くお肌のケアをしましょう。 まず、化粧水は保湿力の高いものにします。 セラミドは保湿成分に優れていますからセラミド配合の化粧水を選ぶと良いでしょう。 特に、「ヒト型セラミド」が配合されているものは保湿力がとても高いです。 「ヒト型セラミド」は、成分表を見るとセラミドの後ろに数字が書かれています。 化粧水でたっぷり保湿をしたら、乳液やクリームで必ずコーティングしましょう。 化粧水だけでは、水分は蒸発してまた乾燥してしまいます。  粉ふき肌を防ぐには、肌を乾燥させないことです。 お肌のケアを正しく行うほかに、部屋を乾燥させないように加湿器をつけるなど環境の対策も必要です。